皮の際まで甘い小玉スイカいかが 市場関係者に出来栄えPR

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小玉スイカ「夢こまち」の出来栄えをPRした試食
小玉スイカ「夢こまち」の出来栄えをPRした試食

 JAこまち(秋田県湯沢市)が生産した小玉スイカ「夢こまち」の試食会が27日、秋田市外旭川の市公設地方卸売市場で開かれた。県産青果物キャンペーンガール「ミス・フレッシュ秋田」の2人や生産者、JA職員が市場関係者に今年の出来栄えをアピールした。

 夢こまちは糖度が高く、大玉に比べ皮が薄いのが特徴。この日は直径約15~20センチ、重さ2~2・5キロほどに育ったJAこまち管内の羽後町産夢こまちが振る舞われた。

同じジャンルのニュース