目指せ海技士!まずは3級筆記クリア 男鹿海洋高生、学校初の合格

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
臨時講師の佐藤さん(左)からエンジンの仕組みを学んだ
臨時講師の佐藤さん(左)からエンジンの仕組みを学んだ

 男鹿海洋高校(船木和則校長)の近藤波瑠(はる)さん(17)=3年=が、大型船の乗組員に必要な「海技士」資格の「機関」部門3級筆記試験に初受験で合格を果たした。同校によると、2004年の開校以来初の合格者。

 同校は、生徒が卒業後に、県内の洋上風力関連事業の担い手になることを期待。昨年から希望する生徒に海技士の筆記試験に向けた補習を行ってきた。また全国的に船舶の機関士が不足していることに着目し、特に機関部門の資格取得を後押ししてきた。

同じジャンルのニュース