八郎潟町「一日市盆踊り」3年ぶり開催へ 8月に3日間

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
色鮮やかな衣装を着て踊る一日市盆踊りの参加者=2018年8月
色鮮やかな衣装を着て踊る一日市盆踊りの参加者=2018年8月

 秋田県八郎潟町の県無形民俗文化財「一日市盆踊り」の実行委員会(会長・畠山菊夫町長)は28日、今年の行事を例年通り8月18~20日の3日間開催することを決めた。一昨年と昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となっており、3年ぶりの開催となる。

 一日市盆踊りは町内の踊り手のほか、観光客も飛び入りで踊りの輪に加わることができるのが特徴。しかし、今年は感染対策として、事前に申し込んだ踊り手だけが参加できることにした。申し込みは3日間とも当日、大会本部で受け付ける。

秋田の最新ニュース