湯沢市、CO2実質ゼロへ共同宣言 県内6例目

会員向け記事
お気に入りに登録

ゼロカーボンシティ宣言に署名し記念撮影に納まる(左から)佐藤市長、渡部議長、和賀会頭、佐藤会長

 秋田県湯沢市と市議会、湯沢商工会議所、ゆざわ小町商工会は28日、市内から排出する二酸化炭素(CO2)を2050年までに実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ」を目指すと共同宣言した。県内自治体の表明は6例目で、経済団体を交えた宣言は初めて。

 官民の連携で脱炭素化を図ってCO2の排出量実質ゼロを実現し、持続可能なまちづくりを目指そうと、市が市議会と2経済団体に共同での宣言を働きかけた。市役所で4者の代表者が宣言書に署名し、佐藤一夫市長が文面を読み上げた。

秋田の最新ニュース