最大1万円、代金半額値引きします 湯沢市中心部の商店街

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
7月4日に始まるキャンペーンのチラシ
7月4日に始まるキャンペーンのチラシ

 秋田県湯沢市中心部の「市中央通り商店街振興組合」(高久功理事長、通称・ジークブルガー通り商店街)は7月4日から、加盟店での会計時に料金や代金から半額(最大1万円)を値引きするキャンペーンを始める。値引きの総額は480万円。

 値引きは現金での会計限定で、飲食店や小売店など13店が参加する。県の「商店街・飲食店街等支援事業費補助金」の500万円が原資で、チラシやポスターの製作費といった実費を差し引いて値引き分に充てる。店ごとの値引きの総額は参加店舗によって異なり、なくなり次第終了する。

秋田の最新ニュース