連日猛暑、熱中症に警戒 東北南部が梅雨明け

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
強い日差しの中、日傘を差して歩く人たち=29日午前、JR東京駅前
強い日差しの中、日傘を差して歩く人たち=29日午前、JR東京駅前

 太平洋高気圧に覆われた影響で、29日も午前中から各地で厳しい暑さとなった。気象庁によると、埼玉県鳩山町で37・6度を観測するなど、午前中から35度以上の猛暑日となる地点が相次いだ。暑さは続く見込みで、熱中症に警戒が必要だ。関東北部では40度に迫る可能性もある。

 気象庁は29日、東北南部が梅雨明けしたとみられると発表した。統計のある1951年以降で最も早く、6月中は初めて。期間は最短となる14日間で、平年に比べ25日、昨年よりも17日、いずれも早い。列島で梅雨明けしていないのは、梅雨のない北海道を除き東北北部だけとなった。