あきた参院選・争点に迫る(3)農業 交付金厳格化に懸念 国へ見直し求める声も

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 鳥海山の麓に広がる畑で、ソバの白い花が満開を迎えた。生育は順調だが、ソバ農家齋藤喜久男さん(72)=にかほ市象潟町横岡=の表情は晴れない。国から毎年受け取ってきた交付金の要件変更で、農業経営の先行きが見通しづらくなったからだ。

ソバの生育状況を確かめる齋藤さん。「水田活用の直接支払交付金」の要件見直しが農業に与える影響を懸念している=にかほ市象潟町の横岡地区

 「水田活用の直接支払交付金」は政府が主食用米からの転作を促すため、水田で大豆や飼料用作物、ソバなどを生産する農家に支払ってきた。ところが本年度から要件が厳格化され、今後5年間で水田として一度も水張りしない農地は交付の対象外とされた。

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース