わらび座と大仙市がフレンドリータウン協定 相互発展へ連携

会員向け記事

協定書に署名する今村代表理事(左)と老松市長

 秋田県仙北市の劇団わらび座と大仙市が30日、相互の発展に向けて連携するフレンドリータウン協定を結んだ。互いの魅力の発信や交流の促進などに取り組む。わらび座は今後、県内各市町村と同様の協定を結ぶ考えで、地域への浸透を図る。

 協定締結は三種町に続いて2例目。連携、協力事項は▽観光・文化の振興、相互の魅力発信▽福祉の増進、人材育成▽教育の振興、生涯学習の充実▽交流の促進、地域振興▽その他―の5項目。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース