秋田ドクターヘリ運航10年(中)地域連携 冬の着陸場所どう確保

有料会員向け記事

 「先生、そこに降ろしますから飛び降りてください」。パイロットの言葉で、秋田赤十字病院救命救急センター長の藤田康雄医師は決断した。機体がホバリングしながら雪面ぎりぎりまで降下、藤田医師は医薬品などが入ったリュックを背負って、雪が積もった地面に飛び降りた―。

 2015年冬、藤田医師は秋田市上北手の赤十字病院からドクターヘリに乗り、県央部で除雪車にひかれた高齢女性の救護へ向かっていた。外傷は処置が遅れるほど出血し救命率が下がる。患者は骨盤骨折の疑いもあり、一刻一秒を争う状況だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース