ボルシチの遺産登録、審議へ ウクライナが申請、侵攻で前倒し

※写真クリックで拡大表示します
真っ赤なビートをタマネギやニンジンと一緒に煮込んだウクライナの伝統料理ボルシチ=オデッサ(共同)
真っ赤なビートをタマネギやニンジンと一緒に煮込んだウクライナの伝統料理ボルシチ=オデッサ(共同)

 【キーウ共同】ウクライナのジェパル第1外務次官は6月30日、ウクライナで広く食される伝統的なスープ、ボルシチの料理文化について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が7月1日に無形文化遺産入りを審議するとSNSで明らかにした。

 ロシアの侵攻を受けて緊急案件として前倒しし、パリでの臨時会合で審議されるという。ボルシチはロシア料理としても有名だが、ウクライナ発祥とされる。

 ジェパル氏によると、政府は著名シェフ、クロポテンコ氏らと協力し「ボルシチの料理文化」の登録を昨年3月に申請。ユネスコは、ロシアの侵攻後、ボルシチの料理文化が脅かされる恐れがあると判断した。

お気に入りに登録
シェアする