アメダス影響、64地点に 気象庁

 KDDI(au)の大規模な通信障害での影響で、気象庁は3日、気温や降水量などを観測する地域気象観測システム(アメダス)のデータ配信が止まっているのは全国約1300地点のうち、午後7時現在で64地点だと明らかにした。

 気象庁によると、2日未明以降、最大で約500地点のデータ配信が止まったという。台風などの気象予報に大きな影響はないとしている。

お気に入りに登録
シェアする