3年ぶりの「大曲の花火」へ 観覧席求め2千人が行列

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
観覧席券を求める人が長蛇の列を作った大曲商議所前=3日午前7時55分ごろ
観覧席券を求める人が長蛇の列を作った大曲商議所前=3日午前7時55分ごろ

 8月27日に秋田県大仙市で開かれる第94回全国花火競技大会(大曲の花火)の観覧席券の直接販売が3日、大曲通町の大曲商工会議所で行われた。3年ぶりの開催を待ちわびた県内外の約2千人が長い列を作り、好みの席を買い求めた。

 販売は予定を1時間繰り上げて午前7時に開始し、11時過ぎに終了。5種類の席、合わせて2200席(約7千人分)を売った。

 11日からはインターネット販売を行う。問い合わせは大曲商議所内の実行委員会事務局TEL0187・88・8073

秋田の最新ニュース