青の脇一と赤の潟西、力合わせ最少人数でV 学童野球県大会

有料会員向け記事
お気に入りに登録

初優勝した脇一潟西


 脇一潟西は打線が終盤に奮起して逆転し、旭栄を振り切った。

 五回、2点を追う脇一潟西は小貫、原田の三塁打と鈴木のスクイズで同点とし、加藤瑠の左越え二塁打で勝ち越した。四回途中から登板の天野が好救援。

 旭栄は一回に冨永の二塁打などで3点を先行したが、投手陣が踏ん張れなかった。

 最後の打者を一飛に打ち取ると、青の脇一、赤の潟西のユニホームを着た選手が一緒に歓喜の輪をつくった。今大会最少の12選手の合同チームが全県を制覇した。

優勝を決め、マウンド周辺で歓喜の輪をつくった脇一潟西の選手


速報・試合日程・結果はこちら|秋田魁新報電子版

同じジャンルのニュース