秋田店含むそごう西武売却 米投資ファンド優先交渉へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
西武秋田店(資料写真)
西武秋田店(資料写真)

 セブン&アイ・ホールディングス傘下で、業績不振が続く百貨店そごう・西武の売却先について、米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループの優先交渉権の獲得が有力になったことが、関係者への取材で4日までに分かった。

 そごう・西武は秋田市の西武秋田店を含め、7都県に10店舗を保有。不動産価値は計1500億円程度とされる。2006年にセブン&アイの子会社になった。新型コロナウイルスの感染拡大による客足の落ちこみもあり、業績は低迷していた。

秋田の最新ニュース