F1、サインツが初優勝 英国GP、角田は14位

※写真クリックで拡大表示します
F1英国GP1位でチェッカフラッグを受けるフェラーリのカルロス・サインツ=3日、シルバーストーン(ロイター=共同)
F1英国GP1位でチェッカフラッグを受けるフェラーリのカルロス・サインツ=3日、シルバーストーン(ロイター=共同)

 自動車のF1シリーズ第10戦、英国グランプリ(GP)は3日、英国のシルバーストーンで決勝が行われ、ポールポジションから出たフェラーリのカルロス・サインツ(スペイン)がF1初勝利を挙げた。13番手から出たアルファタウリの角田裕毅は14位だった。

 スタート直後に多重クラッシュが発生し、角田も巻き込まれた。約1時間の中断を経てレースが再開されると入賞圏内まで順位を上げたが、同僚のピエール・ガスリー(フランス)との接触などにより後退した。(共同)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。