熊野速玉大社で檜扇7本蔵出し 無病息災願う「扇立祭」を前に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
熊野速玉大社の「扇立祭」を前に、蔵出しされた「檜扇」=4日午前、和歌山県新宮市
熊野速玉大社の「扇立祭」を前に、蔵出しされた「檜扇」=4日午前、和歌山県新宮市

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社で4日、無病息災などを願う「扇立祭」を前に、神前に供える「檜扇」7本が蔵出しされた。祭りは14日午後1~4時の予定。新型コロナウイルス禍のため、3年連続で神事のみの実施となる。

 檜扇はヒノキの薄い板を重ねて作られ、大社は室町時代のものとされる国宝の檜扇11本を保管。松竹梅やシラサギが描かれ金箔や銀箔が施されている。祭りでは1964年に作られた複製品を使用し、本殿前に高さ1・5メートル、幅1・65メートルの大型の扇を1本、社殿6カ所に高さ80センチ、幅1・3メートルの扇を1本ずつ立てる。