俳優の佐野浅夫さんが死去 3代目水戸黄門

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐野浅夫さん
佐野浅夫さん

 テレビの人気時代劇「水戸黄門」の3代目黄門役で知られ、長年、映画やドラマで活躍した俳優の佐野浅夫(さの・あさお)さんが6月28日午後9時59分、老衰のため自宅で死去した。96歳。横浜市出身。葬儀は家族で行った。

 太平洋戦争中から俳優として活動し、戦後、劇団民芸に参加。1993年から2000年まで「水戸黄門」の主役を務め、初代、2代目とは異なる役作りで、親しみやすい黄門像を築き上げた。

 映画では熊井啓監督作品の常連で「帝銀事件 死刑囚」「地の群れ」などに出演。ドラマでは「肝っ玉かあさん」や「おやじ山脈」「藍より青く」で人気を集めた。