韓国、元徴用工問題で官民協議会 「合理的な解決策を模索」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
4日、官民共同の協議会が開かれるのに先立ち、記者団の取材に応じる元徴用工訴訟の原告側代理人弁護士ら=ソウル(共同)
4日、官民共同の協議会が開かれるのに先立ち、記者団の取材に応じる元徴用工訴訟の原告側代理人弁護士ら=ソウル(共同)

 【ソウル共同】日韓間の懸案である元徴用工問題を巡り、韓国の政府関係者や専門家らが解決策を話し合う官民共同の協議会の初会合が4日、元徴用工訴訟の原告側支援団体も参加して開かれた。韓国外務省は「当事者や各界の意見を聞き、合理的な解決策を模索するため努力する」と表明した。尹錫悦政権は日韓関係改善を急いでおり、最大の懸案解決に本腰を入れ始めた形だ。

 尹政権は日本との対立を避けるため、訴訟で敗訴した日本企業の資産売却に代わる解決策を模索。ただ、日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決の履行を求める原告もおり、協議は難航しそうだ。

 初会合は非公開で行われた。