湯沢市「うどんエキスポ」 開催日を10月1、2日に変更

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
全国のうどんを食べに多くの来場者が訪れた「うどんエキスポ」の会場=2019年10月5日、湯沢市
全国のうどんを食べに多くの来場者が訪れた「うどんエキスポ」の会場=2019年10月5日、湯沢市

 各地のご当地うどんが味わえる秋田県湯沢市の「全国まるごとうどんエキスポ」の実行委員会初会合が4日、同市の湯沢グランドホテルで開かれ、6月の幹事会で10月8~10日としていた今年の開催日を同月1、2日の2日間に変更することを決めた。

 実行委によると、幹事会後に全国の事業者に出店の意向を尋ねたところ、当初に予定した開催日よりも1週間前の開催が望ましいとの回答が多く寄せられたため変更した。

 会合には委員約50人が出席。会場を市役所本庁舎駐車場とすることも決定した。

 うどんエキスポは2011年、地域活性化などを目的に始まり、県内外から平均約8万4千人が訪れている。一昨年と昨年はコロナ禍を受けて中止した。開催されれば3年ぶりで10回目になる。

 実行委は県独自の感染警戒レベルが引き上げられるなど、感染状況に変化があれば対応を協議するとしている。

秋田の最新ニュース