柴原組が女子複3回戦敗退 ウィンブルドン第8日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子ダブルス3回戦で敗退した柴原(右)、ムハンマド組=ウィンブルドン(共同)
女子ダブルス3回戦で敗退した柴原(右)、ムハンマド組=ウィンブルドン(共同)

 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第8日は4日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子ダブルス3回戦で第5シードの柴原瑛菜(橋本総業)エイジア・ムハンマド(米国)組が第11シードのポーランド、ニュージーランド選手のペアに4―6、6―7で敗れた。

 男子シングルス4回戦はニック・キリオス(オーストラリア)がブランドン・ナカシマ(米国)を4―6、6―4、7―6、3―6、6―2で破り、準々決勝に進んだ。

 混合ダブルスでは全仏オープンを制した柴原がジャンジュリエン・ロジェール(オランダ)とのペアで2回戦に臨む。