厚労相、コロナ医療の拡充要請 都道府県に、感染者増受け

 後藤茂之厚生労働相は5日の記者会見で新型コロナウイルスの感染者に関し「増加が懸念される」として、都道府県に医療提供体制の点検と拡充を改めて求める方針を示した。自治体に通知を出し、自宅療養者への対応強化や病床のさらなる確保、高齢者施設に対する支援などを要請する。

 後藤氏は、大都市部で病床使用率が上昇傾向にあると指摘。「ワクチンの3回目接種で獲得した免疫が徐々に減衰し、オミクロン株の新たな系統への置き換わりの可能性もある」と説明した。

お気に入りに登録
シェアする