侮辱罪厳罰化、7日施行 検察庁に適切な運用通達

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
法務省
法務省

 古川禎久法相は5日の記者会見で、インターネット上の誹謗中傷対策で「侮辱罪」の法定刑を引き上げ、厳罰化する改正刑法が今月7日に施行されると明らかにした。政治家らへの正当な批判など表現の自由への制約が懸念されていることを踏まえ、法務省は6月29日付で全国の検察庁に対し、改正の趣旨を踏まえた適切な運用を求める通達を出した。

 改正法は6月13日に成立。2020年に女子プロレスラー木村花さん=当時(22)=が交流サイト(SNS)で中傷され命を絶ったのを機に、見直しの議論が進んだ。