容疑者、銃撃犯描く音楽動画投稿 米乱射事件の動機捜査

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
交流サイト(SNS)に投稿されたロバート・クリモ容疑者(ロイター=共同)
交流サイト(SNS)に投稿されたロバート・クリモ容疑者(ロイター=共同)

 【ハイランドパーク共同】米中西部イリノイ州ハイランドパークで独立記念日の4日、6人が死亡し少なくとも30人が負傷した銃乱射事件で、警察に拘束されたロバート・クリモ容疑者(22)が過去にSNSで銃撃犯を描いた音楽ビデオを投稿していたことが4日分かった。米メディアが伝えた。警察が犯行や動機との関連を捜査している。

 クリモ容疑者はラッパーとして活動し、ビデオの歌声は本人のものとみられる。「こんな世界くそ食らえだ」と歌い、銃撃犯が警察に射殺されるシーンがあった。また「毎日が同じに思える」などの歌詞とともに、アニメで普通の男性が銃撃犯に変貌する様子が描かれていた。