熱中症搬送、6月過去最多 猛暑で1万5657人

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
強い日差しの中、日傘を差して歩く人たち=1日、名古屋市
強い日差しの中、日傘を差して歩く人たち=1日、名古屋市

 総務省消防庁は5日、6月に熱中症で救急搬送された人が全国で1万5657人に上ったとの速報値を発表した。6月の集計を始めた2010年以降で初めて1万人を超え、6月の1カ月として過去最多となった。これまでは11年の6980人が最も多かった。6月下旬から全国を襲った猛暑の影響とみられ、7割が6月24日~30日の1週間に集中した。

 搬送後に死亡が確認されたのは17人で、6月としてこれまで最多だった11年の14人を上回った。

 消防庁の担当者は「異例の猛暑に加え、急に気温が上がったため体が慣れず、体温調節が追いつかなかった可能性がある」と分析する。