藤里町で放牧中の牛1頭死ぬ クマか、背中に爪跡

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 5日午前8時半ごろ、秋田県藤里町粕毛の町営大野岱放牧場で、放牧中の牛1頭が背中を引っかかれた状態で横たわっているのを放牧場の作業員が見つけ、町に届け出た。牛はその後に死んだ。町農林課は傷の状態などからクマに襲われたとみている。

秋田の最新ニュース