秋田市33・5度で今年一番の暑さ 県内22地点で真夏日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今年最高の33・5度を記録した秋田市では、ハンディファンを持ったり、帽子をかぶったりしながら歩く人の姿が見られた=午後2時45分ごろ、秋田市中通
今年最高の33・5度を記録した秋田市では、ハンディファンを持ったり、帽子をかぶったりしながら歩く人の姿が見られた=午後2時45分ごろ、秋田市中通

 秋田県内は6日、高気圧に覆われた影響で気温が上昇し、26観測地点のうち22地点で30度以上の真夏日となった。33・5度を観測した秋田市など13地点で今年一番の暑さとなった。

 秋田地方気象台によると、各地の最高気温は横手市33・4度、五城目町33・2度、大仙市大曲33・1度など。全26地点で平年よりも気温が高かった。

 秋田市は日中、気温がぐんぐん上昇し、同市牛島の国道13号沿いにある温度計は一時34度を表示。市街地では手持ちタイプの小型扇風機や日傘を使いながら歩く人の姿が見られた。

 7日は、高気圧の影響で晴れるが、昼過ぎから夕方にかけて雨の降る所がある見込み。