NY円、135円後半 

お気に入りに登録

 【ニューヨーク共同】連休明け5日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比66銭円安ドル高の1ドル=135円83~93銭を付けた。ユーロは1ユーロ=1・0259~69ドル、139円43~53銭。

 日米の金融政策を巡って方向性の違いが意識され、円売りドル買いが優勢となった。欧州経済の減速懸念からユーロが対ドルで急落して一時、2002年12月以来、約19年半ぶりのユーロ安ドル高水準を付けた。ユーロを売ってドルを買う動きが加速し、その影響で対円でもドルが買われた。