時代を語る・工藤雄一(18)東大大学院で博士号

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
理学博士の学位記授与式に臨む(右)=平成7年5月、東大
理学博士の学位記授与式に臨む(右)=平成7年5月、東大

 自由に動き回る魚の脳波を測定したい―。実現するには脳に電極を埋め込んで電波を発信し、それを受信するシステムが必要です。

 この研究分野を「バイオテレメトリー」といいます。「バイオ」は生体。信号を離れた場所で測定する技術は「テレメトリー」といいます。空中に比べ、水中を伝わる電波は衰える度合いが大きくなります。水中生物のテレメトリー研究は陸上のそれより遅れていました。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース