陸自トップがコロナ感染 ドイツ訪問中、無症状

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
吉田圭秀陸上幕僚長
吉田圭秀陸上幕僚長

 陸上自衛隊は7日、ドイツ訪問中の吉田圭秀陸上幕僚長(59)が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。帰国前のPCR検査で陽性が判明した。症状はない。現地のホテルにとどまってテレワークに当たり、陸自の任務に影響はないとしている。

 陸自によると、今回の訪問は3~7日の日程で、英国とドイツで両国の陸軍トップとの会談に臨んだ。ホテルにとどまるのは現地の基準に従い5日間となり、ドイツからの出国は早ければ現地時間11日の見込み。同行した1人も陽性が確認されたという。