5月の景気指数、4カ月ぶり悪化 中国のコロナ感染拡大が影響

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
景気動向指数の推移
景気動向指数の推移

 内閣府が7日発表した5月の景気動向指数(2015年=100、速報値)は、景気の現状を示す「一致指数」が前月より1・3ポイント低い95・5となり、4カ月ぶりに悪化した。中国での新型コロナウイルス感染拡大によるロックダウン(都市封鎖)で部品供給が滞り、自動車などの生産や出荷が落ち込んだことが響いた。

 基調判断は「改善」で据え置いた。この判断は4カ月連続となる。

 数カ月先の景気を映す「先行指数」は1・5ポイント下降し101・4だった。