林外相、G20夕食会を欠席 ロと同席の可能性、不適切と判断

お気に入りに登録

 【ヌサドゥア共同】林芳正外相は7日夜、インドネシア・バリ島で開かれた20カ国・地域(G20)外相会合の夕食会を欠席した。日本外務省関係者が明らかにした。夕食会は社交形式で、ロシアのラブロフ外相が参加する可能性があり、国際社会がウクライナ侵攻を非難する中での同席は不適切と判断した。

 夕食会は8日の実質討議に先立ち開かれた。外務省幹部によると、ブリンケン米国務長官の現地到着は夕食会後の予定で、他にもG7の複数の外相が欠席するとの情報があった。外交筋は「日本とロシアが社交の場に一緒にいるのを他の国が見たらどう思うかを考えると、出席はできない」と語った。