地方点描:誰かのために[大館支社編集部]

会員向け記事

 足元のかんなくずから秋田杉の香りが漂う。大館市にあるNPO法人ハートランドひまわりの一室。精神に障害のある男性2人がかんなや紙やすりを持ち、商品となる箸作りに取り組んでいた。

 地元の製材所から提供された長さ22センチほどの角材に、手慣れた様子でかんなをかける。表面を1ミリほど削った後、先端を細くしていく。次に紙やすりでかんな跡を取り、さらに布で磨く。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース