日本巡り原風景描く 由利本荘市出身の画家・五島まさをさん

連載:首都圏発
有料会員向け記事

 秋田県由利本荘市出身の画家・五島まさをさん(80)=神奈川県茅ケ崎市=は40年以上、日本各地を歩いて原風景を描いている。懐郷の思いを起こす絵に引かれる人は多く、原画を手がけたカレンダーや絵はがきは根強い人気がある。

 五島さんは本荘高校卒。首都圏の大学を経て美術大で絵の基礎を学び、20代半ばから画家の道を歩み始めた。当初は海外を回って風景画を中心に描いていた。

日本の原風景を描き続ける五島さん=神奈川県茅ケ崎市


 ところが1972年、イスラエル・テルアビブの空港で銃乱射事件があり、渡航先のエジプトから戻る際に空港で厳しい荷物検査を受けた。「画家は一般の旅行者と持ち物が違うから怪しまれる。海外を回ることに不安を感じた」と語る。

 一方、海外の風景を題材にする中で、日本は景観の変化が早いと感じた。「まず屋根から変わっていく。日本ではかやぶき屋根に郷愁を感じ、失われていく景色を大事にしたい、絵にして残したいと思った」

 日本各地を巡るようになったのは30代半ばから。思わず足を止めた場所の風景をよく描いた。なぜ足を止めたのか、何に引き込まれたのか、自問自答しながら作品を制作してきたという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース