水ギョーザ作りで楽しくSDGs学ぶ 仙北市・神代小児童

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
黄さん(中央)の指導を受けながら水ギョーザを作る児童
黄さん(中央)の指導を受けながら水ギョーザを作る児童

 秋田県仙北市の神代小学校の4年生19人が19日、持続可能な開発目標(SDGs)を意識した調理に挑戦した。地球温暖化対策として注目されている大豆ミートを使った水ギョーザを作り、SDGsへの理解を深めた。

 水ギョーザ作りは、児童が自分たちにできるSDGsの取り組みを楽しく学ぼうと、環境教育の授業で実施した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース