ブラウU―18「うまくもすごくもないが、一生懸命」 熊林監督に聞く

有料会員向け記事

 ブラウブリッツ秋田U―18(18歳以下)が、24日に群馬県で始まる日本クラブユース選手権に出場する。今季からプリンスリーグ東北に昇格し、トップチームで出身選手がプレーするなど存在感を増しているU―18。熊林親吾監督とトップチームにも登録されているMF鈴木陽成に、U―15(15歳以下)も含めたアカデミーの現状、ユース選手権への意気込みなどを聞いた。

 ―アカデミーが活気づいている。

 熊林監督 トップチームがJ2で戦うようになり、それを見て入る選手が増えた。歴代の指導者の積み上げと、トップチームの頑張りが盛り上がりにつながっている。

 ―秋田にJリーグのアカデミーがある意義は。

 熊林監督 多くの人に秋田で育つ選手を見てもらいたい。アカデミーは活躍を楽しみにしてくれる人の感情を動かせるものだと思っている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース