惨禍伝え、現代に警鐘 長崎原爆・土崎空襲、オンライン講話

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
オンラインで被爆体験を語った三瀬さん
オンラインで被爆体験を語った三瀬さん

 戦時中の原爆や空襲の体験を語る「ナガサキ・土崎被爆証言講話会」が23日、オンラインで開催された。秋田市土崎港西の土崎みなと歴史伝承館でライブ上映され、市民ら約20人が視聴。長崎県と秋田市の2人が戦争で目にした悲惨な光景を語った。

 長崎県からウェブ会議サービスを利用して講話した三瀬清一朗さん(87)は、10歳の時に爆心地から約3・6キロ離れた自宅で被爆。一緒に家にいた母と祖母、きょうだいは命に別条がなかったが、通っていた学校では凄惨(せいさん)な光景を目の当たりにした。「男女の判別もつかないような人が次々と体育館に運び込まれ、息絶えていく、まるで地獄のようだった」と振り返った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース