会場候補のジャンプ台視察、札幌 30年冬季五輪招致、理解促進へ

※写真クリックで拡大表示します
会場候補地の大倉山ジャンプ競技場の視察を終え、取材に応じる「プロモーション委員会」の原田雅彦氏(右)ら=27日午前、札幌市
会場候補地の大倉山ジャンプ競技場の視察を終え、取材に応じる「プロモーション委員会」の原田雅彦氏(右)ら=27日午前、札幌市

 札幌市が目指す2030年冬季五輪・パラリンピック招致を巡り、官民合同で機運を盛り上げる「プロモーション委員会」のメンバーが27日、会場候補地の一つである大倉山ジャンプ競技場を視察した。同市の開催計画に理解を深める目的で、市が施設の現状や改修予定を説明。

 市の計画では、経費削減のため1972年札幌冬季五輪の会場を可能な限り活用する。

 大倉山ジャンプ競技場は72年大会で使われ、現在はラージヒルの国際大会などの会場となっている。市は2030年大会に向け、現在は市内の別の競技場にあるノーマルヒルのジャンプ台も新たに大倉山に造り、会場を統一する方向で検討している。

お気に入りに登録
シェアする