高藤、世界柔道へ「貪欲に」 男子日本代表、宮崎で強化合宿

※写真クリックで拡大表示します
柔道男子の強化合宿で階段をダッシュする高藤直寿=宮崎県延岡市(代表撮影)
柔道男子の強化合宿で階段をダッシュする高藤直寿=宮崎県延岡市(代表撮影)

 柔道の世界選手権(10月・タシケント)男子日本代表が1日、宮崎県延岡市内での強化合宿を報道陣に公開し、60キロ級で昨夏の東京五輪金メダルの高藤直寿は「とにかく世界選手権で勝つことだけを考えている。もっと貪欲になる」と意欲的に語った。

 60キロ級から81キロ級の選手は炎天下、標高約250mの山をランニングで上り、頂上の階段をダッシュ。

 73キロ級で2017年世界王者の橋本壮市も「最後までやり切って、世界選手権までもう一段、二段ギアを上げたい」と張り切った。

 66キロ級で東京五輪覇者の阿部一二三、全日本選手権を初制覇した100キロ超級の斉藤立も参加している。

お気に入りに登録
シェアする