漫画家・山下和美展、世田谷文学館で 「天才 柳沢教授の生活」など

※写真クリックで拡大表示します
「漫画家・山下和美展 ライフ・イズ・ビューティフル」=東京都世田谷区の世田谷文学館
「漫画家・山下和美展 ライフ・イズ・ビューティフル」=東京都世田谷区の世田谷文学館

 150点以上の原画や資料で画業を振り返る「漫画家・山下和美展 ライフ・イズ・ビューティフル」が、東京都世田谷区の世田谷文学館で開かれている。9月4日まで。

 1959年北海道小樽市生まれの山下さんは、79年にデビュー。経済学者の父をモデルに、88年に連載開始した「天才 柳沢教授の生活」が人気を博した。2021年には「ランド」で手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。

 内覧会で「最初はストーリーも書けなかったけれど、いろんな編集者との出会いをきっかけに、徐々にうまくなってきた」と山下さん。「漫画家志望者にその過程を見てもらいたい。今は下手くそでも『私もできる』と思ってくれるかも」と笑わせた。

 先に漫画家となった2人の姉の作品なども紹介している。「10歳上の姉がデビューした頃、私はまだ小学生。ペンを盗んでこっそり漫画を描いて、よく見つかっては怒られていた。そこで漫画の描き方を覚えました」

 もう1人は、山下さんが高校生の頃にギャグ漫画家としてデビューした。ペン入れなどの作業を手伝っていたといい「こまの間合いみたいなものを勉強させてもらった。私の作風は、そこら辺でできあがったのかな」と振り返った。

 入場無料で月曜休館。問い合わせは同館、電話03(5374)9111。

お気に入りに登録
シェアする

同じジャンルのニュース