記録的な大雨、被害は徐々に明らかに…建物や田畑浸水、堤防決壊、のり面崩落

有料会員向け記事

 3日の秋田県北部を中心とした記録的な大雨について、県と大館市は4日、被害状況をまとめた。大館市によると、下内川の氾濫で浸水した沼館地区では、同日午後5時時点で76棟の建物被害が確認された。被害は同市と北秋田市を中心に出ており、詳細が判明していない農業関係などを含め、今後さらに増える見通し。

ぬれたごみを集めるなど後片付けに追われる住民=4日午前9時ごろ、大館市沼館字神田表


 大館市沼館地区では、住家への浸水が床上17棟、床下37棟。非住家の浸水も22棟に上った。

 一方、県の同日午後3時時点のまとめでは、北秋田市で床上1棟、床下13棟。ほかに鹿角市で1棟、能代市で2棟が床下浸水した。

 農林関係では水稲や大豆、エダマメなどの田畑が冠水。被害面積は全県で計約157・5ヘクタールに及ぶ。ため池や水路などの農地・農業用施設の被害は15カ所。のり面崩落など林道被害は2カ所だった。判明している被害額は640万円。農作物については分かっていない。


秋田県に線状降水帯 大館市沼館地区浸水

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース