レスリング秋田商・加成が2年連続3位 悔しさにも手応え

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【レスリング男子71キロ級準決勝】第1ピリオド、相手のローリングに耐える秋田商の加成(左)=高知県民体育館
【レスリング男子71キロ級準決勝】第1ピリオド、相手のローリングに耐える秋田商の加成(左)=高知県民体育館

 レスリング男子71キロ級の加成京介(秋田商3年)が準々決勝でフォール勝ちした。この勢いで、昨年のインターハイと今年の全国選抜大会を制した山口叶太(東京・自由ケ丘学園2年)との準決勝に挑んだが、4―15でテクニカルフォール負け。2年連続での3位に「悔しいが4点取れたことで得たものは大きい。練習の成果は出た」と手応えを口にした。


全国高校総体の結果

同じジャンルのニュース