住宅地価DI2.8ポイント増 秋田市、県央で上昇

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 県不動産鑑定士協会がまとめた「秋田県の地価と不動産市場の動向に関するアンケート」によると、2021年10月~22年4月の住宅地価の業況判断指数(DI)は、前回調査(21年4~10月)より2・8ポイント増のプラス6・6だった。増加は3期連続。同協会は秋田市と県央で住宅需要があり、土地取引が活発化していることが全体を押し上げたとみる。

お気に入りに登録
シェアする

同じジャンルのニュース