北都銀、純利益1.7%減、22年4~6月期 債券売却損響く

会員向け記事
お気に入りに登録

 北都銀行が5日発表した2022年4~6月期決算は、純利益が前年同期比1・7%減の5億6千万円だった。米国の利上げに伴い、債券売却で損失を計上したことにより、経常利益も10・4%減の8億3100万円となった。