最低賃金31円引き上げ、労働者「地域格差大きい」 使用者側は難色示す

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市山王の秋田合同庁舎1階に張ってある最低賃金のポスター。現行の822円が表示されている
秋田市山王の秋田合同庁舎1階に張ってある最低賃金のポスター。現行の822円が表示されている

 秋田県内の最低賃金協議が決着した。5日に秋田地方最低賃金審議会(赤坂薫会長)が、時給を31円引き上げて853円とするよう秋田労働局長に答申。昨年に続く過去最大の引き上げ額となり、国の審議会が示した目安の30円を1円上回った。労働者は歓迎するものの、地域格差は依然として大きいと指摘する。

秋田の最新ニュース