原発砲撃で放射線量上昇せず 

 ウクライナの国営原発企業は5日、ウクライナ南部ザポロジエ原発への砲撃で、放射線量の上昇は観測されていないと指摘した。ロイター通信が伝えた。(共同)

お気に入りに登録
シェアする