入道埼灯台キャラ「斧松」誕生 男鹿市、観光PRで活用へ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
入道埼灯台を擬人化したキャラクターのパネル
入道埼灯台を擬人化したキャラクターのパネル

 灯台の魅力を広める活動をしている任意団体「全国灯台文化価値創造フォーラム」(東京)は、秋田県男鹿市北浦の入道埼灯台を擬人化したキャラクターを制作し、市に贈呈した。市は、観光ポスターやチラシなどにこのキャラを無償で使うことができる。

 入道埼灯台を擬人化したキャラの名前は「斧松(おのまつ)」。やんちゃで直情的な少年という設定。男鹿市の灯台らしくナマハゲの面を着けている。灯台の白黒の模様をイメージして、服や腕の飾りをデザインした。動画投稿サイトのユーチューブ上では、このキャラの静止画像に、入道埼灯台の歴史などを解説する音声が付いた動画が公開されている。

お気に入りに登録
シェアする

同じジャンルのニュース