多彩な手法駆使、県外画家3人展 秋田市で17日まで

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
県外画家3人の絵画などが並ぶギャラリーあいの作品展と真田さん
県外画家3人の絵画などが並ぶギャラリーあいの作品展と真田さん

 秋田市保戸野すわ町のギャラリーあいで、県外画家3人による作品展が開かれ、子どもや動物などをモチーフに独特の手法で描いた絵画やオブジェ約30点を展示している。17日まで。

 3人は、油彩やアクリル、版画などを手がける塚本猪一郎さん=佐賀県出身、岩絵の具やしっくい、和紙など組み合わせたミクストメディアと呼ばれる技法で創作している田井雄二さん=和歌山県出身、粉末にした木材と絵の具を調合し、立体感のある絵を描く陣内敦さん=佐賀県出身。都内の画廊で知り合ったギャラリーのオーナー・真田眸(ひとみ)さん(75)が、世界的な視野を持つ3人の作品を見てもらおうと開いた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース