若手躍動、戦略通りのレースで完勝 優勝の東日本実業団連盟

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
首位でゴールし、笑顔を浮かべる東日本実業団陸上競技連盟のアンカー畝=鹿角市八幡平
首位でゴールし、笑顔を浮かべる東日本実業団陸上競技連盟のアンカー畝=鹿角市八幡平

 戦略通りに走っての完勝だった。東日本実業団陸上競技連盟の強化委員でもある奥山光広監督(ヤクルト陸上競技部チーフアドバイザー)が「いずれは国際舞台で戦ってほしい選手たち」と話す若手が躍動した。

3年ぶり十八駅伝、女子ニトリ初V 男子は東日本実業団連盟

 メンバーは同連盟が6月、長野県で開いた合同強化合宿の参加者で、全員が実業団に入って1~3年目。合宿のタイムトライアル成績上位者にレース経験を積ませようと混成チームを組んだ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース