東京円、135円台前半 

 週明け8日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=135円台前半で取引された。

 午前10時現在は前週末比2円03銭円安ドル高の1ドル=135円33~34銭。ユーロは1円15銭円安ユーロ高の1ユーロ=137円56~63銭。

 前週末の米雇用統計の内容が市場予想を上回ったことから、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを加速するとの観測が強まり、日米の金利差拡大を意識した円売りドル買いが優勢となった。

 市場では、米雇用統計の結果を受けて「米国が大幅利上げに踏み切る確率が跳ね上がった」(外為ブローカー)との声が出た。

お気に入りに登録
シェアする