東工、東京医科歯科大が統合協議 国際卓越研究大認定を目指す

※写真クリックで拡大表示します
東京工業大の大岡山キャンパス=8日午後、東京都目黒区
東京工業大の大岡山キャンパス=8日午後、東京都目黒区

 いずれも国立の東京工業大と東京医科歯科大が統合に向けた協議を始めることが8日、関係者への取材で分かった。理工系と医療系で国内トップレベルの研究力がある両大学が統合することで、政府が年間数百億円の資金を支援する「国際卓越研究大学」の認定を目指す方針。

 両大学のホームページによると、東京工業大は創立から約140年の歴史がある理工系の総合大学。大学生と大学院生の計約1万500人が学んでいる。東京医科歯科大は1928年に「東京高等歯科医学校」として設置された。

 両大学とも取材に対し「現時点でお答えできる内容がない」としている。

お気に入りに登録
シェアする